1. HOME
  2. お役立ち情報
  3. 洗車
  4. 車のウロコ取りの方法!ウロコを未然に防ぐには
栃木県宇都宮市Carfe(カーフェ)自動車の修理・傷・へこみを格安で | 車のボンネットのウロコ画像

車のウロコ取りの方法!ウロコを未然に防ぐには

「何だこれは!」と叫びたくなるほど、ボディにビッシリとこびりついた白い跡。「ウロコ」と呼ばれるこの汚れは、車の汚れの中でも非常に厄介です。せっかくの愛車がカッコ悪く見えてしまいますし、放置しておくと車の劣化につながる恐れもあります。また、ウロコだと思っていたら、実は別の原因で起こっている場合もあるので注意が必要です。

この記事では車にウロコが発生する原因と取り除く方法についてお伝えしていきます。愛車をいつでもカッコイイ状態を保てるよう、できることから実践していきましょう。

車にウロコができる原因って?

ウロコとは、ボディやガラスに付着した白い水垢のことです。魚のウロコのように車全体にポツポツと発生することから「ウロコ」と呼ばれています。雨水などの水分には水(H2O)だけでなく二酸化炭素や油分、ミネラルや排気ガス、凍結防止剤などの不純物が含まれています。ボディに水分が付着すると水は蒸発しますが、不純物は蒸発せずにそのまま残ります。この残った不純物が汚れとしてこびりついてしまうのです。お風呂の鏡やキッチンのシンクにできる汚れもこれと同じしくみで発生します。

水垢といっても大きくわけて2種類の原因があります。水性と油性の2つです。水性の水垢は大気中のチリやホコリが水分と一緒に車に付着し、乾燥することで汚れとして残ります。こちらは水で洗い流せば比較的簡単に綺麗にすることができます。

一方、油性の水垢は少々厄介です。油分を含んだ排気ガスやPM2.5、ミネラルが付着して乾燥すると発生します。油性の水垢の場合、ウロコ状ではなく車のドアやガラスに縦縞に入るのが特徴です。また、カーシャンプーの洗い残しやワックスなども原因になることがあります。本来は車を綺麗にするものが汚れの原因になってしまうのは皮肉なことですが、よく起こる原因の1つでもあるので注意しましょう。

ウロコができてしまうと見栄えが悪くなるだけでなく、運転中の視界が悪化し安全にも影響が出てきます。塗装部分まで侵食してしまうと塗装が剥がれてしまい劣化の原因になります。劣化すると修理が必要になるため余計な費用が発生します。車を売却する際の買取価格も下がってしまいます。ウロコが発生したらできるだけ早く取り除いて綺麗な状態を保っていきましょう。

また、水垢を放置しておくとウォータースポットが発生しやすくなります。ウォータースポットとはボディについた水滴が太陽光を集めてしまい、コーティングや塗装を傷つけてしまう現象のことです。ウォータースポットが発生するとボディが凹んでしまうので研磨作業が必要になります。こうならないためにも水滴や水垢は早めに対処する必要があります。

車のウロコを綺麗に取り除くには

ついたばかりの水垢であれば水性でも油性でも比較的簡単に落とすことができます。まずはさっと水洗いをして水性の汚れを落としきり、しつこい部分にはカーシャンプーを使って落としていきましょう。水垢取り専用の洗剤も市販されているので、それを使うのもアリです。この時に力任せにゴシゴシ擦ってしまうと塗装を傷つけてしまう恐れがあります。しっかり泡立てて優しく撫でるように洗っていきましょう。

ガラス面の汚れ落としには「激落ちくん」などのメラミンスポンジがオススメです。メラミンスポンジの細かい繊維が汚れに絡みつきウロコを取り除きます。できたばかりのウロコであれば水洗いとメラミンスポンジだけでも綺麗になります。ただし塗装部分に使うと塗装を剥がしてしまうので、ボディには使わないようにしてください。

ウロコ取りには食器用洗剤も有効です。食器用洗剤は油汚れを落としやすくなっているため、車のウロコ取りにも効果を発揮します。使用する場合は水で10倍程度に薄めて使います。そのまま使ってしまうとタイヤのゴムを傷めてしまいます。また、使用後はしっかり水で洗い流して洗剤が残らないようにしてください。洗剤が残ってしまうとそれが乾燥しウロコになってしまいます。これでは洗った意味がなくなってしまうので、残さず洗い流してください。

汚れを落としきったら再度水で洗い流して、拭き上げを行ってください。水滴が残っているとそれもまた水垢になってしまいます。硬く絞ったタオルやクロスなどで丁寧に水滴を拭き取ってください。

ウロコ発生を予防するには?

可能であれば、雨が吹き込んでこないガレージで保管しましょう。ガレージが難しい場合はカバーを施しておくのも有効な手段です。カーポートを取り付けるとある程度は雨風をしのげますが、風向きや台風などの強風時などには吹き込んでくるため完璧とは言えません。

定期的な洗車はウロコ予防に最も効果的です。ガレージやカバーを施しておいたとしても、大切です。ウロコはボディについた水滴や汚れを放置することで起こるものですから、定期的に洗車を行っておけばウロコが発生することもありません。月に1回くらいは洗車や油膜取りを行って綺麗な状態を保つように心がけましょう。また、車が雨に濡れたら軽く水洗いをして、マイクロファイバーなどで拭き上げると水垢の付着を大きく軽減できます。

ワックスやコーティングを施しておくと、水垢や汚れが付着しにくい状態を作ることができます。洗車の後にワックスを施したり、専門業者などにコーティングを依頼したりしてウロコがつきにくい状態を維持していきましょう。ただし、コーティングを施した後でも定期的なケアは必要です。また、万が一ウロコ取りの作業中に塗装を傷つけてしまった場合や、ウォータースポットが塗装面まで達している場合は研磨作業だけでは済まなくなります。お近くのカーディーラーや自動車整備工場、自動車鈑金塗装会社に相談し早めに修理を行いましょう。