1. HOME
  2. お役立ち情報
  3. メンテナンス
  4. 【車のザラザラ】車に鉄粉がつく原因と正しい鉄粉取りの方法
栃木県宇都宮市Carfe(カーフェ)自動車の修理・傷・へこみを格安で | 車体の鉄粉取り

【車のザラザラ】車に鉄粉がつく原因と正しい鉄粉取りの方法

洗車の後にボディに触れてみると「ザラッ」とした嫌な感触がしたことはありませんか?車がザラザラしたり、茶色く変色したりしてしまうのは鉄粉が付着している可能性が高いです。鉄粉取りは水洗いだけでは落としづらく、間違った方法でやってしまうとボディやホイールがキズだらけになる恐れがあります。

そこでこの記事では、車についた鉄粉の正しい除去方法についてご紹介します。正しい方法を知っておけば難しくはありませんので、ぜひ実行に移して愛車を綺麗に保っていきましょう。

車に鉄粉がつく原因

鉄粉とは名前の通り鉄の粉です。車のブレーキダストや鉄工所、線路などから発生します。線路沿いの道や線路の高架下、国道・高速道路をよく利用される方は鉄粉を食らっている可能性が高いです。こうした心当たりがなくても多少の鉄粉を受けている可能性がありますから、定期的に鉄粉を除去する必要があります。

鉄粉の確認方法

車がザラザラ違和感があるからと言って、すべてが鉄粉とは限りません。なので、まずはザラザラの正体を突き止める必要があります。洗車をしていない車の場合、塵やホコリ、黄砂や花粉などの汚れが付着しています。これらを洗車でしっかり洗い流した後、ボディやホイールをゆっくりなでてみてください。ザラッと引っかかるような感覚があれば鉄粉がついている可能性が高いです。鉄粉以外にも融雪剤や排気ガス、工場や野焼きの煙などが付着します。100%こうした鉄粉から逃れることは難しいということです。

また、塗装面をよく見ると黒いボツボツが見えることもあります。実はハッキリ見える状態になっていることは深刻で、相当な量が付着してしまっていると考えられます。ボディだけでなくホイールやタイヤ周りなどにも付着しやすいので車全体をよく観察しましょう。

鉄粉を放置しておくとどうなる?

車に鉄粉が付着したまま放置してしまうと、車の劣化につながる恐れがあります。鉄粉は鉄ですから、空気や雨に触れると当然サビてしまいます。白い車なら目視しやすいですが、黒い車だとわかりづらく放置しがちです。車の肌触りを損なうだけでなく、塗装内部までサビてしまうことがあります。こうなるとボディやホイールが腐食して大切な車が傷んでしまいます。売却する際に査定金額が下がる要因にもなりますので大きなリスクになります。

鉄粉はシャンプー洗車だけでは落としきれないため、気づかないままブラシなどで擦ってしまい塗装面を傷つけてしまうこともあります。そのため定期的に鉄粉の除去を行い愛車を綺麗に保っていく必要があるということです。

鉄粉を除去する5つのアイテム

鉄粉除去の厄介な点は専用の道具を使わなければ除去できないことです。水洗いでゴシゴシやっても固着した鉄粉は落とせませんし、むしろ過剰な摩擦でボディを傷つけてしまう恐れがあります。鉄粉除去専用の道具が数種類あるので、これらを使用して鉄粉を除去していきます。

1.鉄粉取り粘土/トラップ粘土

よく知られているのが粘土を使った除去方法です。車に水をかけながら、柔らかくした粘土で滑らせるように作業します。汚れた部分は内側に練り込んで、常に綺麗な面を使っていきます。最も除去力は強いのですが、その分塗装まで傷つけてしまう恐れも出てきます。また、何度も練り込むので手間がかかり、地面に落としてしまうと砂利がくっついて面倒なことになります。簡単にスピーディーに済ませたい方には推奨しません。

2.鉄粉除去スプレー

鉄粉除去スプレーをボディやホイールに吹きかけて、5分程度置いておくと鉄粉が徐々に融解していきます。一般的なスプレーでは鉄粉が紫色に反応することがあり、スプレー後はボディやホイールがおぞましい状態になります。吹きかけるだけなので簡単で初心者向きです。ただし、一度では鉄粉を溶かしきれないこともあるので、頑固な鉄粉には複数回噴射とすすぎを繰り返す必要があります。

3.鉄粉除去スポンジ(ラバーパッド)

ゴム素材がついた特殊なスポンジで、ラバーパッドと呼ばれることもあります。ゴム部分の凹凸に鉄粉を絡みつかせて取り除いていきます。使い方もシンプルで、スポンジに水を含ませて気になる箇所を洗い流せばOKです。鉄粉がついたままスポンジを当ててしまうと塗装を傷つけてしまう恐れがあるので、こまめに洗って使いましょう。また、擦って使うので薄くキズが付きやすいデメリットがあります。

4.鉄粉除去クロス

ラバークロスやクレイタオルなどの製品名があります。粘土やスポンジと異なり広範囲の除去ができるのが特徴です。またタオルなので柔軟性もあり、ホイールやタイヤ周りの細かい部分が得意です。一般的な鉄粉除去クロスは単独での使用はせず、後述する鉄粉除去クリーナーと併用することが多いです。スポンジや粘土と同じく鉄粉を取る過程で傷が入ることがあります。鉄粉除去作業の後で研磨作業を行う必要があります。

5.鉄粉除去クリーナー

しつこい鉄粉除去には高濃度の鉄粉除去クリーナーを使いましょう。基本的には原液をそのまま使用できるので初心者にも使いやすいです。クリーナーを吹きかけて、時間が経ったら水で洗い流すと繰り返すので作業が簡単で傷が入りにくいのも大きなメリットです。少々値段が高く、ツンとする酸性の匂いがネック。スプレータイプもあり効果が早いので、時間をかけずに効率よく作業したい方にオススメです。

正しく鉄粉取りを行ってツルツルボディを目指しましょう!

鉄粉除去の作業を始める前は、必ず洗車を行いましょう。シャンプー洗車を先に行っておくことで塵やホコリ、花粉などの鉄粉以外の汚れを落とせるので鉄粉除去製品の反応が向上します。

また、作業中は必ずゴム手袋を着用しましょう。鉄粉除去製品には鉄粉を溶かす成分が含まれていますので皮膚に直接触れると肌が荒れたりかぶれたりする恐れがあります。また、クリーナーなどは酸性のツンとした匂いがあるので、マスクを付けて作業をすると安心です。

鉄粉取り作業が完了したら、全体を水洗いして残りの鉄粉を洗い流しましょう。最後は手で撫でみてサラサラ具合をチェックしてみてください。感触の違いに感動するかもしれません。鉄粉が除去されることで傷が入りにくくなり撥水性も向上します。2ヶ月に1回程度は鉄粉取りを行い、愛車をいつまでもカッコイイ状態を保っていきましょう。