1. HOME
  2. お役立ち情報
  3. 洗車
  4. 雨の日の洗車って意味あるの?雨天洗車のメリット・デメリットを紹介
栃木県宇都宮市Carfe(カーフェ)自動車の修理・傷・へこみを格安で | 雨の日の洗車のアイキャッチ画像

雨の日の洗車って意味あるの?雨天洗車のメリット・デメリットを紹介

手間のかかる洗車を、わざわざ雨の日にする意味ってあるのでしょうか?雨具を着て洗車するよりは、雨の降っていない日に洗車した方が気持ちは楽です。しかし、汚れの具合やタイミングによっては雨の日でも洗車したいこともあるでしょう。

そこで、この記事では雨の日に洗車をするメリットやデメリットについてお伝えします。雨天時ならではのお得なポイントや注意点もあるのでぜひ参考にしてみてください。

雨の日洗車のメリット1:汚れが取れやすく、傷がつきにくい

洗車をするとかえって傷を作ってしまうことがあります。洗車傷はボディに付着していた砂や泥をスポンジやタオルでゴシゴシ擦ってしまうことで起こります。手洗い洗車も洗車機も、砂や泥を水でしっかり洗い流してから行うことが大切です。

汚れた食器を水につけておくと洗いやすくなりますよね?これと同じように、雨に濡れたボディは埃や汚れが浮いた状態になるため、綺麗にしやすいメリットがあります。鳥のフンや虫の死骸なども雨に濡れるとふやけるので取りやすくなります。頑固な汚れがある時は雨の日に洗車すると良いです。

また、洗車時の塗装時の温度は傷の付きやすさに影響します。夏場や日差しを受けて温かくなった塗装は柔らかくなるため、傷ができやすくなっています。晴れた日でも洗車をする時は日陰で行うようにすべきです。一方、雨で冷えされた塗装は硬くなるので傷がつきにくい状態になっています。洗車でなるべく傷をつけたくない場合は雨の日の洗車が適していると言えます。

雨の日洗車のメリット2:節水、節約になる

ガソリンスタンドやカーショップでは、「雨の日割引」を実施しているお店があるのでお得です。自分で洗車する場合でも雨の日なら使う水の量が少なく済むため節約になります。雨の日は洗車スペースが比較的空いていることが多いので、待ち時間が少なくすぐに洗車できるのもメリットです。

特にコーティングを施した車は洗車が非常にラクです。ある程度の汚れなら雨水だけで洗い流されていきます。雨水でも落ちない汚れもサッと水洗いするだけで済むことが多いです。雨の日に洗車機で撥水コーティングを行えば撥水効果をすぐに実感できます。撥水効果を試してみたい方はぜひやってみてください。

雨の日洗車のメリット3:拭き上げが不要

晴れた日に拭き上げを怠ると、空気中の埃や汚れがボディに付着してしまいシミになります。ポツポツと白いウロコのような汚れになるので非常に目立ちます。

雨の日は拭き上げが必要ありません。どうせまた濡れるからです。空気中も塵や埃が飛んでいないのでシミになりにくくなっています。汚れの跡が残りにくいのも雨の日ならではのメリットです。ただし、雨が当たらない室内で作業する場合は拭き上げてください。

洗車時に関わらず、雨の後は雨ジミができる恐れがあります。できれば雨上がりに一度吹き上げると綺麗な状態を維持できるので理想的です。

雨の日洗車のデメリット1:コーティングやワックスは不向き

雨の日は水分の拭き取りができないため、ワックスがけやコーティングは不向きです。コーティングを施すと傷や汚れに強くなるので愛車の保護におすすめです。しかし、コーティングは塗布した後に乾燥させる必要があるため、乾燥しにくい雨の日は適しません。コーティングを施したい場合は別の晴れた日に行うか、洗車自体も晴れの日を選びましょう。

どうしてもその日にコーティングも施したいのであれば、室内の作業スペースを確保するか、洗車機を利用しましょう。洗車機なら洗車機でコーティングまで自動でやってくれますし、手間も労力もかかりません。特に撥水コーティングをやると洗車後するに水を弾く様子を実感できるのでおすすめです。

雨の日洗車のデメリット2:サビが進行しやすい・サビ止めの意味がない

カーシャンプーの中にはサビ止め剤が入ったものがあります。これを使うと愛車をサビから守ることが出来るのですが、雨の日にやると酸性が強い雨水によって効果が薄れてしまいます。

また、酸性に傾いた雨は塗装を剥がし、サビの進行を促してしまいます。仮に間違った洗車方法をして塗装を傷つけてしまった場合、そこに酸性の雨が触れてサビになる可能性があります。雨でも取れないような汚れがあると、それも酸性に傾きサビの原因になるので、頑固な汚れは気づいたタイミングで早めに取り除きましょう。

雨の日洗車のデメリット3:雨の日は作業しにくい

カッパを着るか、傘を差しながらの作業になるので晴れの日よりも手間がかかります。雨具以外にも長靴や手袋などが必要になるので余計な費用がかかります。夏場にカッパを着れば暑くなりますし、寒い日なら身体が冷えてしまいます。作業が終わると雨具を片付けなければいけないのでそれも少々の手間になります。できる限り手間なく、短時間で気持ちよく洗車を済ませたいなら雨が降っていない時に行いましょう。

雨の日の洗車方法について

コーティングされている車の場合は高圧洗浄機などで気になる汚れを洗い流すだけでOK。コーティングされていない車はカーシャンプーを使って汚れを落としていきます。小雨程度だと砂や泥が残っていることもあるので一度満遍なく水洗いしてください。いきなりカーシャンプーで擦ってしまうと傷を作る恐れがあります。

コツは通常の同じです。上から下に進んでいき、あまり力を入れず、少量のカーシャンプーを含んだスポンジで優しく洗っていきます。吹き上げをする場合は固く絞ったタオルなどで優しく拭き上げます。ゴシゴシと強く擦ってしまうと傷になるので注意しましょう。

コーティングやワックスは施しにくいので、雨の日の洗車は汚れを落とすことをメインにしましょう。

 

雨の日が多くても定期的に洗車しましょう

梅雨の時期など雨の日が重なった時でも、できれば定期的に洗車することをおすすめします。頑固な汚れが残っている場合、酸性の雨と重なってボディを傷めてしまう恐れがあります。自分で洗うのが面倒だという方は洗車機を使うのも手です。洗車機の使い方についてはこちらの記事でご紹介していますので参考にしてみてください。

→「洗車機の使い方」に関する記事へ

雨の日の洗車を楽にするなら、ガラスコーティングを施しましょう。ガラスコーティングは他のコーティングと比べると割高になりますが、傷・汚れや紫外線などからボディを保護してくれます。汚れても水洗いでサッと洗い流せるようになるので洗車の時短にもなります。特にプロが施したガラスコーティングは耐久性が高く、3年から5年は効果が持続します。艶と光沢も出るので審美性も高まり愛車がカッコよくなります。洗車をスピーディーに済ませたい方はぜひご検討ください。